山口に原発はいらない! 平岡秀夫さんを応援する脱原発市民の会

2013年4月28日の参議院山口県補欠選挙に立候補した平岡秀夫さんを『脱原発の統一候補』として応援する市民の会です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

04/29のツイートまとめ

nonukehiraoka

平岡秀夫さんを応援する脱原発市民の会のブログ、更新しました。
04-29 16:37

スポンサーサイト
  1. 2013/04/30(火) 04:44:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平岡秀夫さんへのお礼の言葉

ごくろうさまでした、平岡さん。
突然の出馬決定直後から、応援してきた「脱原発法制定全国ネットワーク」そして4月に立ち上げた「平岡秀夫さんを応援する脱原発市民の会」として、本当にご苦労さまでしたと申し上げます。そして、この苦しい時期に立候補して闘った平岡さんの勇気に心から感謝します。
今回の選挙で、私たちは上関原発建設の是非を争点にしようとしました。脱原発選挙にしようと考えたのです。しかし、安倍首相の支持した江島候補は、態度をはっきりさせず、争点化を避け、アベノミクスと景気の話に終始しました。高支持率の安倍首相の地元での闘いには厳しいものがありましたが、市民の多くが上関原発の新設にNOの意思を持っていることに望みをかけました。福島では、多くの人々がふるさとを追われ、いつ帰れるともわからない流浪の状態です。21日の山口市での市民集会では、浪江や飯舘の人々の苦悩を山口の人たちに伝えたいと努力したつもりですが、ひとりひとりの市民の胸までには届かなかったようです。
しかし、この闘いは挑んだ価値があったと思います。民主党だけでなく、社民党やみどりの風からも支持が得られ、生活の党のはた議員なども応援に駆けつけてくれました。夏の参院選に脱原発候補が勝てる構図の糸口が、この選挙の構図にもあらわれていると思います。
夏の参院選は脱原発と改憲の正否をかけた、日本の岐路ともなりうる重大な選挙です。この闘いの先陣を切って闘ってくれた平岡さんにあらためて心からの敬意と感謝を送ります。
海渡雄一

  1. 2013/04/29(月) 16:36:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

04/10のツイートまとめ

nonukehiraoka

チェルノブイリでも、最初は事故が秘密とされた。福島では、最終的には真実がある程度明らかにできた。秘密保全法が制定されたら、真実を明らかにしたら、厳罰にされるような社会になってしまう。市民の生命と健康も守れない社会が迫っている。今回の参院補選で安倍内閣の暴走にストップを!
04-10 02:28

共謀罪は、犯罪の準備も始まる前の話し合いだけで、罪に問うものです。国連の国際組織犯罪条約を批准するために必要という説明でした。しかし、多くの国では条約は批准しても、アメリカにあるような共謀罪立法は作られていません。今準備中の秘密保全法制にも共謀罪が含まれています。
04-10 02:28

弁護士の海渡雄一氏は語ります。「平岡さんとはじめて会ったのは2005年の郵政選挙後の国会で共謀罪が議論された時でした。平岡さんは外務省経験を活かして、条約の起草過程に遡って共謀罪の制定が必要ないことを論証してくれた。今も共謀罪が制定されていないのは、平岡さんのおかげだ」
04-10 02:27

平岡さんのことば「私がいた小中学校は、川下地区という三角州の中にありました。その3分の2は米軍基地なんです。元々の実家は基地に一番近い民家でした。ですから、子どもの頃から、自分の中には、「外国の軍隊はいなくならないのか」という意識はずっとありましたね。」
04-10 02:27

RT @zeronomikuma: あっボク載ってる! RT @yuiyuiyui11 【拡散希望/参院補選山口】28日投票の山口県参院補選で、どうしても脱原発の候補、平岡秀夫さんを推したいワケ/私も推薦人になりました。あのゼロノミクマも!!山口の方に広めてください。ht ...
04-10 02:18

RT @yuiyuiyui11: 11日告示28日投票の山口県参院補選に脱原発の平岡秀夫さんが立候補します。勝たせなければ!“@hosono_54: 山口県の上関原発の予定地では、埋め立て申請の延長が出されており、県は判断を保留しています。先週の予算委員会で質問し、昨日の ...
04-10 02:18

RT @yuiyuiyui11: 11日告示28日投票の山口県参院補選に脱原発候補平岡秀夫さんが立候補します。勝たせなければ!“@iidatetsunari: 飯田が安倍昭恵さんを上関や祝島にお連れした経緯や昭恵さんのアレンジで安倍晋三氏(現首相)にレクチャーした経緯ht ...
04-10 02:18

RT @SOBRANIE_pinks: フォローさせていただきました。RT @nonukehiraoka 平岡秀夫さんご本人の公式ツイッターはこちら→ https://t.co/2XshYNeSdj ぜひフォローしちゃおう!
04-10 02:17

RT @murano_toireya: 「平岡秀夫さんを応援する脱原発市民の会」結成 | 脱原発法制定全国ネットワーク http://t.co/Ez4TrxkdCy 全国の焦点:参院補選山口全県一区。4月28日投開票。
04-10 02:16

RT @masaki_kito: 明日2日午後4時から記者会見>○衆議院第二議員会館第6会 議室(地下1階)※15時半より通行証を配布>山口県参院選補選「平岡秀夫さんを応援する脱原発市民の会」結成 | 脱原発法制定全国ネットワーク http://t.co/q6 ...
04-10 02:16

続きを読む
  1. 2013/04/11(木) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

院内集会「脱原発の審議を求める集い」 2013.04.09


Live video from your iPhone using Ustream

報告は脱原発法制定全国ネットワークのサイトをご覧ください。

http://www.datsugenpatsu.org/news/130410-2/

  1. 2013/04/10(水) 01:57:31|
  2. 映像アーカイブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平岡秀夫さんを応援する脱原発市民の会・賛同人

「平岡秀夫さんを応援する脱原発市民の会」賛同人

芦原康江(松江市)安倍純子(松江市)安部芳裕(プロジェクト99%代表)飯田哲也(エネルギー変革者・元山口県知事立候補者)上原公子(元国立市長)宇都宮健児(前日弁連会長)大野拓夫(緑の党 神奈川連絡会世話人)岡田和樹(上関原発阻止被告団・若手有機農業者ネットワークゆうきの環かざぐるま・瀬戸ふるさと農園)小沢克介(元山口県弁護士会会長)小野寺利孝(弁護士・福島原発被害弁護団代表)海渡雄一(弁護士・脱原発法制定全国ネットワーク)鎌田慧(ルポタージュ作家・さようなら原発1000万人署名市民の会)河合弘之(弁護士・脱原発法制定全国ネットワーク)神田香織(講談師・NPO法人「ふくしま支援人と文化ネット」代表)紀藤正樹(弁護士)木原省治(原発はごめんだ!中電株主行動の会運営委員)木村結(脱原発・東電株主運動)熊野里砂(通訳・翻訳家)佐高信(評論家)佐藤幸恵(三陸・宮城の海を放射能から守る仙台の会(わかめの会)澤井正子(原子力資料情報室)ゼロノミクマ(原発ゼロノミクス)田鎖麻衣子(弁護士・監獄人権センター事務局長)武重登美子(原発いらん!山口ネットワーク)竹村英明(脱原発大合流)只野靖(弁護士・上関原発公有水面埋立免許処分失効確認請求事件弁護団)堤静雄(久留米市)中光弘治(前山口県弁護士会会長)奈良本英佑(法政大学名誉教授)橋野成正(弁護士)原康司(上関原発阻止被告団/ダイドック冒険学校主宰/シーカヤッカー)福山真劫(フォーラム平和・人権・環境)星川淳(作家・翻訳家)真下俊樹(埼玉大学講師)松田奈津子(上関「自然の権利」訴訟原告)水野彰子(弁護士・前島根県弁護士会会長)村田光平(元スイス大使)山口広(弁護士・元日弁連消費者委員会委員長)吉岡達也(ピースボート共同代表・脱原発世界会議実行委員長)
(50音順/2013年4月9日11時30分現在)


※告示日以降、更新できません。
  1. 2013/04/09(火) 23:08:16|
  2. 賛同人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平岡秀夫さんって、どんな人?

どんな人ロゴ

●農家の長男として生まれ、「世の中の役に立つこと」を志す

平岡秀夫さんは、1954年(昭和29年) 、山口県岩国市の農家の長男として生まれました。山口県立岩国高校を卒業後は、東大法学部在学中に司法試験と国家公務員上級試験に合格。大蔵省、外務省在インド日本大使館一等書記官、内閣法制局参事官等を経て退官され、政治家の途を目指されました。大蔵省(現財務省)、外務省、内閣法制局などの公務員キャリアも長く、法制局経験を生かして自分で法文を書いてしまえるほど。その高い政策立案能力には定評があり、民主党政権の下で政務の仕事を歴任されました。弁護士でもあり、人格、識見ともにすぐれた方です。

平岡さんのHPには次のように自己紹介されています。

「私は、山口県東部の農家の長男として生まれ育った人間です。今の世の中で国会議員になるための条件と言われる、地盤、看板、カバンという3つのバンのいずれも持っていませんでした。あったのは、小さい頃から、『世の中の役に立つ人間になりたい。世の中の役に立つ仕事をしたい』という強い思いと、努力に耐え得る親から譲り受けた健康な体だけです。私は、常に、社会の様々な課題に真剣に取り組み、一人でも多くの人が幸せな生活ができるよう努力していくことに喜びを感じています」。

●政治家として奔走、共謀罪法案を廃案に追い込む

平岡さんは2000年(平成12年)、衆議院議員として初当選を果たします。その後衆議院議員選挙に計5回当選(うち3回は小選挙区で勝利)されたベテラン議員です。

平岡さんの政治家としてのキャリアの中で、まず特筆されることは野党時代の民主党法務委筆頭理事として自民党と対決し、共謀罪法案を廃案に追い込んだことです。

平岡さんのキャリアで印象に残ることは、2008年、同区の自民候補の辞職に伴う補欠選挙に自らの比例復活の議席を投げ打って出馬し、自民候補を下し、山口2区の小選挙区での議席を奪還したことです。この勝利は平岡さんの勝負強さを示し、2009年の政権交替への弾みとなったといわれます。

民主党政権のもとでは、2010年6月、菅内閣で内閣府副大臣・国家戦略室長に就任し、同年9月総務副大臣に任命されました。 2011年9月には野田内閣で法務大臣に任命されました。2012年1月に法務大臣を退任し、党総務委員長に就任されていました。また民主党内のリベラルの会メンバーとして、地元岩国などの基地問題や憲法問題についても発言されてきました。

2012年12月の衆議院議員総選挙では自民党の岸信夫氏に小選挙区で敗れ、比例復活もならなかったため、議席を失っていました。

●政権の中枢で原発事故を経験、そして脱原発へと取り組む

平岡秀夫さんは、政権中枢にいた2011年3月11日、東日本大震災と福島第一原発事故を経験しました。「福島で『地獄』を見た人」のひとりとして、心底から脱原発を求めるようになった大物政治家のひとりです。平岡さんは、それ以来、公の場で、法務大臣に就任してからも明確に脱原発の発言を行うようになりました。

原発問題を討議するさまざまな院内集会にも多く出席され、先の衆議院選挙で落選後も、1月に開催されたネットワーク主催の院内集会に前議員として参加し、積極的に発言をされています。はっきりと発言する脱原発派議員として脱原発を願う多くの市民から深い信頼を寄せられてきた方です。

平岡さんは、山口県上関町に立地が計画されている上関原発の建設の中止を主張され、2012年9月に脱原発法制定全国ネットワークが提案した脱原発基本法案の法案策定作業には当初衆議院法制局とのパイプ役としても深くコミットされ、法案の提案に賛同されました。

上関原発は祝島の漁民の皆さんの必死の抵抗で今日まで設置許可がされていません。上関付近の瀬戸内の海はスナメリも生息する奇跡の海です。上関原発の建設を止め、脱原発を早期に実現するため、参院山口補選は天王山の闘いとなっています。平岡さんが勝利すれば計画にとどめを刺せます。

脱原発法制定全国ネットワーク事務局長の海渡雄一氏は語ります。
「平岡さんとは共謀罪問題で信頼を深めました。官僚出身ですが、飾らない率直な人。現実的で柔軟な姿勢と人権や環境問題について筋を通すところがうまく共存している。原発問題や憲法問題が議論されるこれからの国会になくてはならない人だ」。

このたび平岡さんは参院補選に無所属で出馬されました。右翼化・新自由主義化する世襲政治家集団としての自民党に対抗すべき政治勢力が必要で、これから日本政治において、「穏健保守から中道・リベラルまで」の庶民的政治勢力を一つに結集していく魁(さきがけ)となろうとするものとされています。


≪主な経歴≫
1954年(昭和29年) 山口県岩国市にて生まれる
1972年(昭和47年) 山口県立岩国高等学校卒業
1976年(昭和51年) 東京大学法学部卒業
同年 大蔵省入省
山形県酒田税務署長
在インド大使館一等書記官
東海財務局部長
東京国税局部長
内閣法制局参事官
1998年(平成10年) 大蔵省国税庁法人税課長
同年 弁護士登録
2000年(平成12年) 衆議院議員初当選
2003年(平成15年) 衆議院議員2期目当選
2005年(平成17年) 衆議院議員3期目当選
2008年(平成20年) 山口2区補欠選挙 4期目当選
2009年(平成21年) 衆議院議員5期目当選
2010年(平成22年) 内閣官房国家戦略室長兼内閣府副大臣
2010年(平成22年) 総務副大臣
2011年(平成23年) 第88代 法務大臣
2012年(平成24年) 民主党総務委員長





  1. 2013/04/08(月) 22:33:09|
  2. 平岡秀夫さんって、どんな人?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

平岡秀夫さんからのメッセージ

平岡秀夫さんを応援する脱原発市民の会結成の記者会見にお寄せいただきました

平岡秀夫さんからメッセージ
 
 私は4月の参議院山口補選に無所属で立候補する平岡秀夫でございます。
 私がこの選挙に立候補の意思を固めましたのは、現在の日本の政治は、右翼化・新自由主義化する世襲政治家集団としての自民党が1強の状況であり、それに対抗すべき政治勢力が必要であって、これから日本政治において、「穏健保守から中道・リベラルまで」の庶民的政治勢力を一つに結集していくことを目指す魁(さきがけ)となろうと考えたからです。
 
 福島原発事故は、あらためて原子力技術の持つ危険性の大きさを痛感させ、早期の脱原発政策の実現が必要であることを痛感させました。私は2011年の法務大臣在任中も、山口県上関町に計画されている上関原発について慎重な意見を述べてきました。民主党内の脱原発グルーブ「脱原発ロードマップの会」で脱原発政策の立案に取り組み、先の衆院選挙においても、脱原発政策の実現を重要政策の一つとすること、そして上関原発の建設を中止することを強く訴えて参りました。
 
 全国で脱原発のために取り組む活動を展開されている有志の皆さんが超党派で「平岡秀夫さんを応援する脱原発市民の会」を立ち上げ、私の応援をして下さると聞きました。このような動きに心から感謝し、この選挙戦に必ず勝ってお返しをしたいと思います。
 
 安倍政権は原発の全面的な再稼働から新・増設にまで突き進もうとしています。安倍首相の地元であり、上関原発が計画されている山口県で行われる、この選挙で私が勝つことができれば、原発推進の安倍政権に対して、ストップをかけることができると確信しています。
 
 ぜひ、市民の皆さんが中心となり、党派を超えた脱原発の声を、この山口参議院補選に結集していただきたく、心よりお願いいたします。
 2013年4月2日
平岡秀夫

  1. 2013/04/08(月) 21:59:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2013年4月2日「平岡秀夫さんを応援する脱原発市民の会」記者会見

scrolling="no" frameborder="0" style="border: 0px none
transparent;">

出席者:河合弘之(弁護士)、木村結さん(脱原発・東電株主運動世話人)、村田光平(元スイス大使)、宇都宮健児(元日弁連会長)

司会:海渡雄一(弁護士)

「平岡秀夫さんを応援する脱原発市民の会」の賛同人の一人、海渡より平岡秀夫さんのプロフィールについて紹介がありました。

引き続いて、会結成の経緯について、河合弘之弁護士より説明がありました。

「去年の総選挙は自民党が「大勝」したような報道がある。しかし比例では票を延ばしていない。民主党が勝手に負けただけだと思っている。脱原発派が調整できなかったことが敗因の一つ。しかし、このたびの平岡さんの出馬する、参院山口補選は違う!脱原発派が団結できる状況にあるばかりでなく、脱原発か、そうでないかが、はっきりしている。相手方と目されている自民党候補は安倍氏直系、原発推進候補。さらに、山口県には中国電力上関原発計画がある。本当に、原発を作ってよいのかが問われている。」

次に、脱原発都知事候補としても闘った弁護士の宇都宮健児さん

「私が日弁連の会長時代、7人くらい法務大臣が変更したかな(苦笑い)。その中で最も素晴らしかったのが、平岡さんでした。通常の大臣は官僚の言うがまま、手の上。しかし、平岡さんはしっかり自分の考え方を持っていて、それを官僚に伝える、説得する力のある人だった。そういう平岡さんが参院山口補選に出る。

私も去年の夏から脱原発法制定全国ネットワークの呼びかけ人のひとりです。ぜひ応援したい。そして、平岡さんは民主党の中でもリベラル派。憲法改正の動きのある中、信頼できる人。この参院補選は夏の参院選挙に向けても極めて重要。全力を挙げて応援したい。」

続いて、木村結さん(脱原発・東電株主運動)

「脱原発法制定全国ネットワーク結成当時から、法案の取りまとめに尽力し、衆議院で多くの議員を集めてくれた。残念ながら、昨年の衆議院解散で廃案となり、平岡さんも議席を失ってしまった。しかし、一市民として、脱原発法制定全国ネットワークの会議や参議院での会合に出席され、3月11日の参議院での再提出にも尽力されました。そして、参院補選に熱い思いを持って、立候補された平岡さんを応援したい。」

別の会合から駆け付けてくれた村田光平さん

「3月11日には(上述の参議院への再提出のほか、)二つの嬉しいことがありました。まず、3月11日を「ユネスコ地球倫理の日」(UNESCO World Day of Global Ethics)にしようという決議がなされることになりました。二つ目は、メリーランド州では原発の新設申請が却下されたことです。また、カーター元米大統領及びルース駐日米大使の書簡を受領し、核廃絶に向けての姿勢の変わったと実感している。平岡さんとは昨年8月に一緒に仕事をして、信頼できると考えている。」

以下、質疑応答などありました。

河合より、この闘いは関ヶ原ではなく、桶狭間である、この闘いに勝てれば、夏の参議院選挙に弾みがつく。重要なのは上関原発。建設されて、万が一事故が起きれば、瀬戸内海一帯市の街になる。この点を山口県民訴に問いたい。

村田さんから、福島第一原発事故の教訓は経済から生命重視のパラダイムの転換。核廃絶はお題目ではなく、歴史的使命であると述べました。

 

(当日のメモをもとに事務局でまとめました。詳細はユーストリームをご覧ください。)


▼当日式次第(PDFがひらきます)
(オモテ)
http://db.tt/nGEMfcxJ
(ウラ)
http://db.tt/8epPhPNX
  1. 2013/04/08(月) 20:53:49|
  2. 映像アーカイブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

応援メッセージ、ぞくぞく。

かまた 鎌田 慧(ルポルタージュ作家・さようなら原発1000万人署名市民の会)
 平岡秀夫さんを支持します。衆議院での脱原発基本法提出にあたって、平岡さんが獅子奮迅の活躍をされた姿が瞼に焼きついています。理知的で情熱的な平岡さんこそ、国会に戻さなくてはならないひとです。国会でのあらたな活躍を期待しています。



宇都宮 宇都宮健児(前日弁連会長)
 平岡秀夫さんを応援します。混迷する今の日本社会には、しっかりと自分の信念を貫く平岡さんのような政治家が求められています。






きとう 紀藤 正樹(弁護士)
 山口から原発を亡くし未来の子どもたちにつけを回さない。山口県人として、心から平岡さんを応援します。






かんだ 神田 香織(講談師・NPO法人「ふくしま支援人と文化ネット」代表)
 収束とはほど遠いフクイチの現場から、連日のように汚染水もれ、停電など恐怖の実態が明らかに。その相双地区に人々を帰還させようとしている政府、講談の怪談話より背筋が寒くなる思いだ。このような扱いを受けて、福島県人はどれほど呻吟しているか。15万人もの避難者の胸中やいかに。二度と、福島の悲劇を繰り返さないためにも上関原発はもちろん、日本の原発すべてを廃炉に!脱原発候補、平岡秀夫さんを心より応援します。



さたか 佐高 信(評論家)
  祝島の闘いを支える平岡さんを応援します。






よしおか 吉岡達也(ピースボート共同代表・脱原発世界会議実行委員長)
  ヒロシマ、ナガサキそして今、フクシマを体験した私たちが、今来た道と決別して、脱原発の道を歩み始めるか否かは、世界の運命に関わるといって過言でないと思います。核の恐怖と汚染のない日本そして世界を実現するため、一人でも多くの脱原発議員を国会へ送りましょう。





ならもと 奈良本英佑(法政大学名誉教授)
  仮に福島第一原発事故がなくても、上関原発建設は正気の沙汰ではない。建設予定地
  から30km圏内の周防大島・小松の出身者として、この暴挙を止めるため、平岡さんを応
  援します。





うえはら 上原 公子(元国立市長)

先月、原発環境団体の招待で、ドイツ、スイス7箇所で講演をしました。そのときに必ず質問されたのは、あの原発事故の当事者である日本が、なぜ推進派の安倍政権を選択したかでした。ヨーロッパでは選挙結果が、日本不信になっていると確信しました。世界の信頼回復のためにも、平岡さんはなんとしても落とせません。多少の違いを乗り越え、結集することにより、脱原発の日本の決意を示しましょう。



やまぐち 山口 広(元日弁連消費者問題対策委員会委員長・弁護士)
 平岡さんは、大蔵省の官僚となり、しかも法務大臣まで経験した方とは思えない、気さくでえらぶることのない方です。平岡さんのような方が日本を引っ張ってくれることを期待したいです。






海渡 海渡 雄一(弁護士)
  私は2012年5月まで日弁連の事務総長を務め、法務大臣をされていた平岡さんの仕事ぶりを間近に見る機会がありました。平岡さんは、政権中枢にいるときに福島原発事故を経験されました。「福島で『地獄』を見た人」のひとりとして、心底から脱原発を求めるようになり、法務大臣在任中も明確に脱原発の姿勢をとられました。私は2012年8月から脱原発法案の国会提出のために多くの政治家の方に協力を求めましたが、平岡さんは最も頼りになる方でした。官僚出身ですが、飾らない率直な人です。現実的で柔軟な姿勢と人権については筋を通すところがうまく共存していると思います。脱原発を目指し、また憲法改正が議論されるこれからの国会になくてはならない人として心から応援します。

きむら 木村 結(脱原発・東電株主運動)
 平岡秀夫さんは、脱原発基本法の衆議院上程に東奔西走され、解散による廃案になってからも参議院再上程のために尽力してくださいました。その信念に裏打ちされた粘り強さ、交渉力こそ国会議員に必要とされる能力です。安倍首相が原子力ムラを再構築しようとしている今、平岡さんには国会に戻って日本のために、山口のために働いていただきたいと痛切に思っています。




ゼロノミクマ ゼロノミクマ
 原発ゼロノミクスキャンペーン公認キャラクターのゼロノミクマです。一貫して原発計画に反対してきた平岡さんを心から応援します。一緒に原発ゼロノミクス社会を歩きましょう!






きはら 木原 省治(原発はごめんだヒロシマ市民の会代表)
 昨年の衆議院選挙では、原発問題が争点から外され、「景気、景気」で選挙が行われて、本当に悔しい思いをさせられたと思います。安倍政権になって、原発復活の目論みがされる中、「脱原発」を見える化させるためにも、とても大切な参議院選挙だと思います。特に、「アベシン」 の山口県ですから。平岡さんが立候補を決意されたことは、半ば「無風」かと思わせていた無力感を奮いたたせてくれました。心から感謝するとともに、全力で応援します。7月の選挙に向けた大切な闘いだと思いますから。



たけしげ 武重登美子(原発いらん!山口ネットワーク代表)
 子や孫に放射能毒を残してはならぬ! 私はこの思い一つで20年、反原発を発言してきました。平岡さんは、良識ある国会議員有志で立ち上げた「脱原発ロードマップ」の中心人物です。特に閉鎖水域、瀬戸内海に予定される上関原発建設には反対です。南海トラフの巨大地震、伊方原発の北5キロメートルを走る中央構造線断層帯に及ぶであろう大震災は真近です。あの美しい海を放射能の海にしますか? 県下「脱原発7割の声」を一票に託しましょう。



おのでら 小野寺利孝(弁護士・福島原発被害弁護団代表)
 中国人戦後補償問題と原発問題を通じて先生のリベラルな政治姿勢に感銘を深くしてきました。平和と人権のための連帯を国会の内外で形成する中心のお一人として頑張って下さい。






むらた 村田 光平(元スイス大使)
 2012年8月、私も出席した広島での核戦争防止世界大会で平岡先生は核廃絶を志向する心を打つ演説をされ、その発信力に感銘を受けました。また、平岡先生は脱原発基本法の制定に多大な貢献をされ、惜しくも廃案となった同法案の参議院への再提出の実現(3月11日)にも尽力されました。脱原発法制定全国ネットワーク代表世話人の一人としてこのように脱原発の実現に意欲的に取り組まれる平岡先生を参院補選候補として心から推薦する次第です。原発の存在そのものが最大の安全保障問題であることに全世界が目覚めだしました。特に4号機問題のように世界を脅かす福島事故処理の国策化は緊急の課題となっておりますが、その実現につきましても平岡先生のご活躍に期待しております。


おかだ 岡田 和樹(上関原発阻止被告団・若手有機農業者ネットワークゆうきの環かざぐるま・瀬戸ふるさと農園)
 上関原発計画は30年以上、地元住民の懸命な反対によって止められてきました。私たちは、豊かな自然や安心して暮せる地球・いのちを受け継ぎたい。後世に負の遺産を残す原発の新規立地計画が、いまだに白紙にならないのはおかしい。いのちと原子力は共存できません。山口から原発なくそう!!




かわい 河合 弘之(弁護士・脱原発法制定全国ネットワーク)
 原発の重大事故は国を亡ぼすおそれがあります。日本は超地震頻発国であり、かつ、国土が狭いからです。平岡さんは福島第一原発事故のとき政府の中心にいて、そのことを体感したのだと思います。彼の脱原発志向は本物です。一緒に仕事をして、そのことがよくわかりました。彼を心から支持します。





ほしかわ 星川 淳(作家・翻訳家)
 私が国際環境NGOグリーンピース・ジャパンの事務局長時代、市民活動を抑えつける悪法「共謀罪」を廃案に追い込む取り組みの末席を汚した折、議員として闘いの先頭に立つ平岡さんには大いに力づけられました。選挙区の関係で捕鯨支持だと耳打ちしながらも、調査捕鯨に反対するNGOとスクラムを組める懐の深さは、廃炉や核廃棄物の始末まで含めるとまだまだ先の長い脱原発の粘り強い道のりでも必ず本領発揮されることと信じています。



たけむら 竹村 英明(脱原発大合流)
 「脱原発の大合流」を呼びかけている竹村英明です。脱原発を実現する候補者を広く応援するために、この3月「脱原発政治連盟(略称:緑茶会)」を設立しました。そして、平岡秀夫さんを第一号推薦候補といたしました。平岡さんは「民主党」ですが、一貫して山口県の上関原発計画に反対してきた人です。私たちは、全国の脱原発力を結集して、平岡さんの立候補を応援したいと思います。上関原発建設計画を完全に中止させるためにも、今夏の参議院本選挙の前哨戦としてもとても重要だからです。山口県は安倍総理のお膝元、自民党の地盤が日本でもっとも堅いところですが、そこから突き崩しましょう!


たぐさり 田鎖麻衣子(弁護士・監獄人権センター事務局長)
 私たちにとって本当に必要な議員とは,目先の利益ではなく子や孫の代に何を残すべきかを真剣に考える人。保身にとらわれず自己の信念を貫き,憲法の理念を忠実に守る人。残念なことに今の日本では,このような政治家は絶滅危惧種というべきかもしれません。しかし平岡先生は間違いなく,こうした貴重な政治家の一人です。原発の問題は,まさに生命の問題ですが,平岡先生は,誰もが人として有する生命に対する権利はもちろんのこと,基本的人権,それも,もっとも弱い立場の人々の人権を守る立場から,常に果敢に闘ってきた勇気ある人です。平岡先生,ぜひ国会の場で大いに活躍してください。大いに期待しています!

ただの 只野 靖(弁護士・上関原発公有水面埋立免許処分失効確認請求事件弁護団)
 浜岡原発・大間原発・上関原発・東海第二原発の運転差止訴訟をはじめ、全国の脱原発訴訟をお手伝いしてきました。いくつかの原発は、裁判所がストップさせるかもしれません。しかし、最後は、国会における立法で、脱原発を実現させる必要があります。平岡さんは、民主党の「脱原発ロードマップの会」の事務局長として、脱原発基本法案の議員立法の提出に尽力されてきました。この間、平岡さんと一緒に机を並べて仕事をする機会がありましたが、平岡さんの脱原発にかける思いを実感しました。脱原発基本法を実現するためには、平岡さんの力が是非とも必要です。平岡さんを、強く推薦します。

はら 原 康司(上関原発阻止被告団/ダイドック冒険学校主宰/シーカヤッカー)
 わが故郷の海に原発などいらない。上関原発白紙撤回を訴える平岡秀夫さんを全力で応援します。






あべ 安部芳裕(プロジェクト99%代表)
 福島の事故はまだ収束していません。このさき収束できるのかどうかもわかりません。福島県のみならず東日本一帯が広範囲に汚染されました。これから甚大な健康被害が予測されます。たくさんの人の生活が破壊され、人生が狂わされました。それにもかかわらず誰も事故の責任を取っていません。原子力政策を主導してきた自民党に責任があることは明白です。こんな状況であるのに安倍政権は原発を再稼働しようとしています。それだけではなく新設にまで言及しています。もしもう一度、原発事故が起きれば日本は破滅です。安倍首相のお膝元、山口県で脱原発を目指す議員が誕生することの意味は、とても大きいです。上関の工事も認めるわけにはいきません。皆で平岡氏を応援しましょう!


福山 福山真劫(フォーラム平和・人権・環境)
 安倍自公政権は、憲法改悪、原発推進政策への転換など日本の針路を危険な方向に導こうとしています。とりわけこの山口では上関原発建設着工へと動き出そうとしています。福島原発事故では、2年たっても収束のめどさえ立たず、地域を放射能で汚染し続け、15万人を超える住民が避難したままの状態で、命と生活が壊され続けています。この事実を見れば、エネルギー政策を脱原発に方向転換をはかるべきだし、原発の再稼働や上関への原発建設など絶対に許されません。安倍自公政権の日本の未来を壊しかねない危険な政策を転換させるためには、みんなで力を合わせる必要があります。そのため平岡秀雄さんは全力で頑張ってくれます。私も子供たちの今と未来のために全力で支援します。





他にもこんな方が応援してくださっています。

飯田 哲也(エネルギー変革者・元山口県知事立候補者)
小沢 克介(元山口県弁護士会会長)
中光 弘治(前山口県弁護士会会長)







  1. 2013/04/08(月) 19:19:44|
  2. 応援メッセージ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4.21山口に原発はいらない!全国決起集会

以下、脱原発法制定全国ネットワーク主催で開催予定です。

詳細はこちら↓
http://www.datsugenpatsu.org/news/130408/

チラシはこちら(pdfが開きます)
http://db.tt/IrDcpdkY

▼11時からの地元の集会の案内チラシはこちら
http://db.tt/zVlDdKGl


引用します。
 -------------------------------------------------------------------------------------


山口に原発はいらない!
全国決起集会

参院補欠選挙・安倍総理のお膝元で、脱原発候補を応援しよう!

昨年発足した安倍政権は、経済再生を優先し「停止中の原発の安全性が確認されれば再稼働」「脱原発方針についても根本的に見直して行く」としています。山本繁太郎山口県知事は、昨年の知事選において脱原発を公言し、公有水面埋立て免許においても延長は認めない方針を引き継ぐ考えを示していたにも関わらずいたずらに判断を遅らせようとしています。
 山口では、今月28日投票の参議院補欠選挙、さらに7月の参院選挙と民意を問う機会が続きます。特に山口は、安倍総理のお膝元であり、上関原発の行方は日本の原発政策にとって大きな意味を持ちます。そんな中で、はっきりと「山口に原発はいらない」との民意を示すべく、全国の反•脱原発運動に関わる人々にも呼びかけ、決起集会を開催したいと思います。ぜひ、多くの皆さんの参加をお願いいたします。

主催 脱原発法制定全国ネットワーク  河合弘之弁護士、海渡雄一弁護士

日時 4月21日(日)10:00〜10:50
尚、本集会に引き続き11:00〜地元の皆さんによる同主旨の集会、12:00〜市内でのデモ行進を行います。こちらも合わせてご参加下さい。

場所 山口市 山口県立図書館「レクチャールーム」(294席)
   山口市後河原150-1  電話:083-924-2111

内容 10:00 山口に原発はいらない! アピール   
   11:00 知事判断先送りに抗議するアピール
   12:00 デモ行進
※デモ行進を行いますので「のぼり旗」などをご持参ください。

交通アクセス:山口宇部空港より車で45分、山陽新幹線新山口駅より車で25分 
(※上記からの臨時バスも検討中です)
       JR山口駅からは徒歩20分程度です。



大きな地図で見る





お問い合わせは
脱原発法制定全国ネットワーク
電話:03-5511-4386
メールアドレス:datsugenpatuhounet★gmail.com (★をアットマークに変えてください)
  1. 2013/04/08(月) 18:40:51|
  2. 集会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平岡さん応援チラシ

平岡秀夫さんのビラ、できました。
広めてください。
(一番下からダウンロードできます)

(※4月10日までしか配布できません)



omote.jpg
ura.jpg

こちらからダウンロードできます。
(PDFが開きます)
▼オモテ
http://db.tt/n4UM4Kuc
▼ウラ
http://db.tt/I2iGKjFb

※配布は告示日以降できません。
4月10日までに配布ください。ご注意ください。
  1. 2013/04/08(月) 10:28:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

04/06のツイートまとめ

nonukehiraoka

平岡秀夫さんご本人の公式ツイッターはこちら→ https://t.co/HSHHSUuCVR ぜひフォローしちゃおう!
04-06 19:38

平岡秀夫さんを応援する脱原発市民の会のツイッターです。4月2日に一度作成したのですがアカウントの問題で変更いたしました。今後はこちらをフォローお願いいたします!
04-06 19:37

平岡秀夫さんは、政権中枢にいるときに原発事故を経験しました。「福島で『地獄』を見た人」のひとりとして、心底から脱原発を求めるようになった大物政治家のひとりです。平岡さんは、それ以来、公の場で、法務大臣に就任してからも明確に脱原発の発言を行うようになりました。
04-06 19:36

平岡さんは、山口県上関町に立地が計画されている上関原発の建設の中止を主張され、2012年9月に脱原発法制定全国ネットワークが提案した脱原発基本法案の法案策定作業には当初衆議院法制局とのパイプ役としても深くコミットされ、法案の提案に賛同されました。
04-06 19:36

平岡さんは、原発問題を討議するさまざまな院内集会にも多く出席され、先の衆議院選挙で落選後も、1月に開催されたネットワーク主催の院内集会に前議員として参加し、積極的に発言をされています。はっきりと発言する脱原発派議員として脱原発を願う多くの市民から深い信頼を寄せられてきた方です。
04-06 19:36

平岡さんは、山口県東部の農家の長男として生まれました。山口県立岩国高校を卒業し、東大法学部在学中に司法試験と国家公務員上級試験に合格されました。大蔵省、外務省在インド日本大使館一等書記官、内閣法制局参事官等を経て退官され、政治家の途を目指されました。
04-06 19:36

RT @zeronomikuma: ボクも応援してます! RT @nonukehiraoka 今月参院山口補選(4月11日告示、28日投票)に出馬を決めた前衆議院議員の平岡秀夫さん。出馬への決意、応援する市民の会の結成の経緯などはこちら。 http://t.co/EqpI ...
04-06 13:48

  1. 2013/04/07(日) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

04/05のツイートまとめ

nonukehiraoka

平岡さんは、原発問題を討議するさまざまな院内集会にも多く出席され、先の衆議院選挙で落選後も、1月に開催されたネットワーク主催の院内集会に前議員として参加し、積極的に発言をされています。はっきりと発言する脱原発派議員として脱原発を願う多くの市民から深い信頼を寄せられてきた方です。
04-05 23:22

平岡さんは、山口県上関町に立地が計画されている上関原発の建設の中止を主張され、2012年9月に脱原発法制定全国ネットワークが提案した脱原発基本法案の法案策定作業には当初衆議院法制局とのパイプ役としても深くコミットされ、法案の提案に賛同されました。
04-05 23:18

平岡秀夫さんは、政権中枢にいるときに原発事故を経験しました。「福島で『地獄』を見た人」のひとりとして、心底から脱原発を求めるようになった大物政治家のひとりです。平岡さんは、それ以来、公の場で、法務大臣に就任してからも明確に脱原発の発言を行うようになりました。
04-05 23:18

平岡さんのキャリアで印象に残ることは、2008年、同区の自民候補の辞職に伴う補欠選挙に自らの比例復活の議席を投げ打って出馬し、自民候補を下し、山口2区の小選挙区での議席を奪還したことです。この勝利は平岡さんの勝負強さを示し、2009年の政権交替への弾みとなったといわれます。
04-05 23:17

RT @tepcodaihyososh: @nonukehiraoka 平岡秀夫さん、東電株主代表訴訟、第5回口頭弁論期日には傍聴してくださり、ありがとうございました。
04-05 19:37

今月参院山口補選(4月11日告示、28日投票)に出馬を決めた前衆議院議員の平岡秀夫さん。出馬への決意、応援する市民の会の結成の経緯などはこちら。 http://t.co/uXENa2irtv
04-05 19:36

平岡秀夫さんのビラがあります。内容はこちら。▼オモテ:http://t.co/fFUJMTI5jn▼ウラ: http://t.co/qL4jl9c6gN 地元有権者の多くの方に広げてください!ただし告示日(4月11日)以降、配布することはできませんのご注意を。
04-05 19:34

平岡秀夫さんご本人の公式ツイッターはこちら→ https://t.co/HSHHSUuCVR ぜひフォローしちゃおう!
04-05 19:32

平岡秀夫さんを応援する脱原発市民の会の情報です★●ブログ:http://t.co/q26wk3kmTi●フェイスブック:https://t.co/6JINN3Ylpz
04-05 19:30

脱原発法ネットワーク事務局長の海渡雄一氏は語ります。「平岡さんとは共謀罪問題で信頼を深めました。官僚出身ですが、飾らない率直な人。現実的で柔軟な姿勢と人権や環境問題について筋を通すところがうまく共存している。原発問題や憲法問題が議論されるこれからの国会になくてはならない人だ。」
04-05 19:28

続きを読む
  1. 2013/04/06(土) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4月28日の参議院山口県補欠選挙に平岡秀夫さんが出馬を表明!

 現在注目されている参議院補欠選挙(山口県選挙区、改選1)に元法務大臣で前衆議院議員の平岡秀夫さんが名乗りを上げました。
 平岡さんは無所属で挑戦し、民主党が推薦。脱原発やTPP、在日米軍基地編成、地域の政策課題などを訴え、「右傾化、新自由主義化する自民党に対抗しうる政治勢力が必要」として、「穏健な保守から中道・リベラルまで」の庶民的政治勢力を一つに結集していくことを目指しています。
 この動きに対して、早速、社民党が平岡さんの支持を決定しました。


omote.jpg
  1. 2013/04/03(水) 18:51:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平岡秀夫さんを応援する脱原発市民の会 結成!

 
 脱原発を目指す市民グループは、平岡さんの出馬を受けて緊急会議を開催。山口参議院補選候補者として平岡
氏の支持を決定しました。また、平岡氏が民主党内の脱原発グルーブ「脱原発ロードマップの会」の中心メンバー
であり、山口県上関原発の建設の中止を主張、「脱原発基本法案」の策定にも深く関わるなど、「はっきりと発言する脱原発派議員」として多くの市民から深い信頼を得ているとして、幅広い市民からなる「平岡秀夫さんを応援
する脱原発市民の会」が結成されました。同グループは、脱原発を掲げる民主党以外の政党にも氏が同選挙におけ
る「脱原発統一候補」となるよう働きかけています。
 「平岡秀夫さんを応援する脱原発市民の会」の結成メンバーは、河合弘之(弁護士・脱原発法制定全国ネットワーク)、鎌田慧(ルポタージュ作家・さようなら原発1000万人署名市民の会)、飯田哲也(エネルギー変革者・元山口県知事立候補者)、宇都宮健児(前日弁連会長)、小沢克介(元山口県弁護士会会長)、中光弘治(前山口県弁護士会会長)、吉岡達也(ピースボート共同代表・脱原発世界会議実行委員長)、海渡雄一(弁護士・脱原発法制定全国ネットワーク)などです。
 同会では、山口県内や全国で平岡氏を応援する集会などを開催していく予定で、「ぜひ、多くの皆さんのご賛同をお願いします!」と呼びかけています。この他にも、「脱原発勝手連」があちこちで立ち上がろうとしています。


  1. 2013/04/03(水) 17:08:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
@nonukehiraoka からのツイート

プロフィール

平岡秀夫さんを応援する脱原発市民の会

Author:平岡秀夫さんを応援する脱原発市民の会
2013年4月28日の参議院山口県補欠選挙に立候補した平岡秀夫さんを応援する市民の会のブログです。

最新記事

会の動き

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (12)
集会 (1)
応援メッセージ (1)
映像アーカイブ (2)
平岡秀夫さんって、どんな人? (1)
賛同人 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。